Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

CATEGORIES

RECENT COMMENT

SEARCH


「サヨナラ、ありがとう」〜FMラジオ局の音が消える日〜を読んで
 

昨日、RADIO-iの元関係者から突然のメールが。

「フィクションではあるが、2010年9月30日に閉局したRADIO-iが

ベースとなったストーリー。よかったら読んでみて・・・」との事

で、

早速アマゾンでクリックゲット。

早いよね〜

24時間以内に届きました!


停波するラジオ局「RADIO 1(レディオワン)」を舞台に

元気娘のAD 「高木みなみ」を主人公として展開される

ストーリー。

若者向けの読み物ですが、

著者は、閉局の前に実際にRADIO-iに数日間潜入取材していたらしい。

フィクションとはいうものの、RADIO-iに縁のある方であれば、

現場の雰囲気、登場人物に共感出来る部分も多く、

細部も思わず、「クス」っと笑ってしまう所も。

一般の方も既にブログに投稿していただいているようで、、、




「こんなこと、二度とあってはならない!」

はい、たしかに最後のオンエアで私が言った言葉です。

昨日、いただいた元関係者の方からのメールには

「停波してしまえば、何も残らない『ラジオ』ですが、

RADIO-i という局が存在したこと、

そして、その中で情熱を持って息づいていた人々がいたこと、

その証として、この1冊が世に送り出された事を

とても感慨深く思っています」・・・と。


たしかに。


読み終わって思わず2010年9月30日の自分の

ブログを読み返してしまった私。

あの辛さを知っているからこそ、

「有って当たり前の物が無くなってしまう」という

悲しさ、虚しさ、悔しさ・・・

やっぱり「ラジオ」「良質な音楽」「言葉の力」、

拘ってこれからも自分らしさで

進んでいきたい。



 



 

| sanoeri | ひとりごと | 18:02 | comments(3) | - | TOP |

コメント